ミネラル酵素スムージー 作り方

ミネラル酵素スムージーはこう作る!

ミネラル酵素スムージーの作り方は超簡単!

 

シェーカーに200ccの水を入れ、粉末6gを投入したらフタをしっかりと閉め、あとはシャカシャカするだけ。

 

これで出来上がりです。

 

溶かし方の手順

 

もちろん、ちょっと濃い目がお望みならば、粉末を10g程度まで増量するのもあり

 

トロみが増して、腹持ちがよいスムージーが出来上がります。

 

注意したいポイントは、シェーカーには「水→粉末」の順で入れることです。

 

これを、「粉末→水」の順にすると、ダマになりやすいです。

 

もちろん、飲めなくなるわけではありませんが、ダマを溶かすために、後から一生懸命かき混ぜる作業が必要になってしまうので気をつけてください。

 

水以外で割ってもOK

 

ミネラル酵素スムージーは、水で割るのが基本です。

 

ただ人によっては、粉末6gを200ccの水で割るとトロみが少なくコクがないと感じられるかもしれません。

 

この場合、前述したとおり、粉末の量をちょっとだけ増やすのもアリですが、水以外たとえば牛乳で割るのもオススメです。

 

作り方は水のときと同様、200ccの牛乳に粉末6gを溶かすだけ。

 

牛乳で作ると、トロみは確実にアップします。

 

と同時に、甘さも強めに感じられるので、甘党にとっては満足感が高まる一方、甘さが得意でない場合にはくどい味に感じるかもしれません。

 

牛乳の代わりに豆乳を用いても、同じような印象の味になります。

 

デザート感覚を味わいたければ、水や牛乳の代わりに飲むヨーグルトを使ってもOKです。

 

シェーカーに飲むヨーグルトと粉末を入れてシェイクすると、ドロっとしたシェイク風のスムージーが出来上がります。

 

カロリーに注意!

 

ミネラル酵素スムージーを水以外で割る作り方をお伝えしましたが、牛乳・豆乳・ヨーグルトいずれを用いる場合も、出来上がりのカロリーはアップします。

 

なので、ダイエット目的で飲用する場合には、その点を意識してください。

 

100cc(ml)あたり 牛乳 豆乳 飲むヨーグルト
カロリー

牛乳:65kcal
低脂肪乳:45kcal

無調整:44kcal
調整:61kcal

ブルガリアプレーン:67kcal
脂質

牛乳:3.7g
低脂肪乳:1.0g

無調整:1.9g
調整:3.4g

ブルガリアプレーン:0.5g

※表中の数値は一般的なデータをもとに記載しています。正確な数値は製品表示を参照してください。

 

 

→ミネラル酵素スムージーを最安値で購入できるのは公式サイトです!